面接に有利な服装はどのようなものか

スーツは黒が無難

 

 書類選考を通過して直接雇用主からヒアリングを受ける面接の場では、見た目の個性は不要です。大切なことは誠実さや入社に際しての誠意、熱意が伝わることです。それをしっかりと伝えるためには、ある程度形式的になっている面接の礼儀をしっかりと捉える必要があります。

 

 自信を引き締めて見せるため、表情や目線をしっかりと相手が感じ取ることができるようにするためにも、面接の際のスーツは黒が無難になります。もっとも礼服のようなものではなく、薄くストライブが入ったようなビジネススーツです。ヨレヨレになっているものではいけませんが、下ろしたてでも中途採用の場合は違和感があります。

 

ネクタイは青のストライプがオススメ

 

 個性を主張し辛いスーツスタイルの中で唯一ネクタイはデザインなどにこだわることができる要素ではあるものの、あまり派手なものはオススメできません。面接の際のネクタイ選びに迷ったら青いストライプの、細身タイプのものが推奨です。

 

 青は知性を引き立てる効果があり、さらに引き締まった印象も相手に与えることができます。女性の場合はネクタイを付けることがありませんが、どこかに青をアクセントとして盛り込むと同様の効果を狙えます。