転職を考えたときに同時に考えて欲しい事

 アベノミクスの効果かどうかは定かではありませんが、転職市場が活気を帯びてきましたね。求人数も上昇傾向にありますし、その職種も幅広くなった感があります。さて、そうなるとキャリアアップを図っての転職を考える方も増えるでしょう。とはいえ転職とは人生における重要な転機であることには変わりません。安易な転職は良い結果につながりにくいのは想像に難くないと思います。そこで転職を考えているあなたに最低限考えて欲しい事をまとめます。

 

 まず、なぜ転職するのか、本当に転職したいのかを明確にしておく事です。転職理由とは退職理由と密接に関わっています。なぜ退職するのかがあいまいだと、なぜ転職するのかもあいまいになります。何かしらの不満があって退職するのか、新たな挑戦(キャリアアップ)の為の退職なのか。

 

 キャリアアップを理由とする方は多いですが、キャリアアップを収入アップと同じものと考える方もまた多いのです。でも採用側からみればそれはただの不満にしか聞こえないものです。

 

 本当のキャリアアップとは、収入ではありません。元の会社では挑戦できなかった事にトライする、その上で新しいスキル・経験を身につける。場合によっては自分への投資も必要でしょう。

 

 収入アップの為の転職を否定するつもりはありませんが、そこが目的ならまずは今の会社で収入を上げる方法を全力で考えるべきです。それが出来なければいずれまた同じ事を繰り返すでしょう。

 

 転職を決めるのはあくまでも自分です。なぜそれを決断したのか、その理由がぶれてはいけません。ぶれるくらいなら転職しないほうが良いと思います。なお、会社都合の退職であれば事実のみをシンプルに伝える事です。それ以外の理由を後付する事はむしろマイナスの印象をもたれます。

 

 次に、希望する転職条件をはっきりさせましょう。どんな事がやりたいのか、どこで働きたいのか、いつ働きたいのか。お解かりかと思いますが、これらは「なぜ転職するのか」が明確でなければ答えは出ません。そして、これらを明確に出来なければ次にも進めません。考えるだけでなく、箇条書きにでもしてみることをお勧めします。

 

 また、先ほどの内容と矛盾するように思えるかもしれませんが、転職後に生活が困窮するようではそれは良い転職とはいえませんので、最低限の希望収入のラインは決めておいても良いでしょう。そして、希望転職先のことを良く知りましょう。

 

 学生の就職活動に「OB・OG訪問」がありますよね。実際に働く先輩の声を聞いて自分の希望に合った環境かどうかを判断する為に行うわけです。転職だって同じです、むしろ学生よりも経験が豊富な分、広く深い目線で情報収集を行なってください。

 

【人気ページ】
新潟の転職について
新潟で転職を考えている人へ!

 

ポリテクセンター新潟(新潟職業能力開発促進センター)

 

 

 その為に就職エージェントを活用を検討するのも有効でしょう。特に希望する職種に強いエージェントを活用すると、情報の幅を広げる事が可能になり、その分チャンスも拡大するといえます。ハローワークという手もありますが、ハローワークの就職相談は主に希望職が定まらない、履歴書・職務経歴書の書き方に自信が無いといった相談が主になるので、それぞれの機関を上手に使い分けましょう。