転職に有利なイチオシの資格とは?

今の職場にいても未来がない・・そんな切実な思いで、今の職を離れたいと考えている人もいるかもしれませんね。ただ、転職先がブラック企業だったり、今よりも待遇が悪い環境になったら?と思うと、不安になるのは、当たり前かもしれません。

 

そこで、転職に有利な将来性のある資格を取ろうとしている人も多いでしょう。そこで、ここ最近注目を集めている転職に有利なイチオシの資格を紹介しましょう。

 

今後の高齢化社会に向けて、最近もっとも注目されているのが、葬祭ディレクターです。ディレクターと聞くと、テレビ業界のチャラいキャラクターを想像する人がいるかもしれません。しかしまったく違います。

 

葬祭ディレクターは、れっきとした厚生労働省認定の準国家資格です。葬祭業界で、お客様の立場に立って、必要な知識や技能を習得したら得られる資格です。1級と2級に分かれていて、今後もニーズが高まる分野と言われています。

 

また、シルバー世代を支えるケアマネージャー資格も転職では有利です。「介護支援専門員」という名前が正式名称ですが、今は人材不足という現状です。介護や福祉方面の転職のときには、とても有利な資格です。

 

さらに、衛生管理者という資格も地味ながら、注目してほしいです。一定の規模の会社に義務ずけられている国家資格ですから、転職の際に有利に働くでしょう。特に労務や総務といった仕事の場合、注目される確率が高まります。

 

以上のような資格が、転職に有利ではないでしょうか。ゆくゆくは転職したいと思っている人は、有利な武器を身につけるために、早くから勉強するとよいでしょう。